スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

FX投資判断の基本

 
基本的には、「ある通貨を買い、ある通貨を売る」取引をすることになります。
一般的には、円とある通貨の取引となります。例えば、「円を売ってドルを買
う」といった取引です。

ただ、FX投資は、取引業者のシステムの規模によって「豪ドルを売って、ド
ルを買う」とった取引も可能です。その理由は、豪ドル円の比率とドル円の比
率を計算して、取引が可能なのですが、難しいので次のイメージで良いと思わ
れます。

「FX投資は、例えば30万円の証拠金を預け入れれば、取引業者が決めた金額
の範囲内で、自由に為替取引が出来る投資だ」と。
さて、仮にドル円で取引をする場合、「ドルを買って円を売るか」・「円を買
ってドルを売るか」、どちらかを決めなくてはいけません。
その際の判断になる代表的な材料として、ファンダメンタルズ分析とテクニカ
ル分析があります。

ファンダメンタルズ分析とは、国の経済力を計るための「経済の基礎的な条件」
と略され、具体的には、「経済成長率」「国際収支」「金利」「物価上昇率」
「失業率」などが挙げられます。

2004年には、国際収支に注目が集まりドル安となりました。いわゆる、米国の
双子の赤字と呼ばれるものです。逆に、2005年には「金利」に注目が集まり、
ドル高となりました。

一方、テクニカル分析とは、過去の為替変動をチャート化し、今後の為替の動
きを予想するものです。代表的な「ローソク足」に加え、「移動平均線」「相
対力指数」「MACD」「一目均衡表」などがあります。

また、上記2つ以外にも、星の動きを判断にする方もいます。満月の日に「人
民元の切り上げがある」などでしょうか。あるいは、単に野生の勘で取引をす
る方もいるかもしれません。

そうした判断材料を元に、「ドルを買って円を売るか」・「円を買ってドルを
売るか」を決めます。
スポンサーサイト
20 : 54 : 06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<ゲンを担ぐことも大切 | ホーム | 損小利大を実践する>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fxmikiyan.blog19.fc2.com/tb.php/22-3e9e0cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

名前… ミッキン
仕事… コックさん
日夜FXに励んでいます

ランキング2

ミッキンのFX楽園生活

頼りになるデイトレード手法
 今なら無料でもらえますよ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。